プーアール茶・プーアル茶

刮風寨 古茶樹

西双版納旧六大茶山の漫撒山に属し、山の裏側がラオスです。
この一帯は古くから瑶族の土地です。
鋭角な山峰に囲まれた村は易武山鎮からオフロード車で1時間半もかかる僻地です。
深い谷の複雑な地形を、名前のとおりの刮風(突風)が吹き抜けます。
森の水気が多いため深夜には夜露が雨のように降り注ぐ、正真正銘の熱帯雨林です。
甘いお茶のできるのはこの特殊な気候と森の環境によると考えられます。
村の人が自給自足する農地以外は原生林が豊富に残り、周囲数キロが国有林として管理されています。
その中に古茶樹の群生地が「茶王樹」・「茶坪」・「白沙河」の三箇所にあります。
まるで野生茶のように深い森に潜んでいますが、高級茶の原料となった歴史があり、お茶づくりの聖地です。

刮風寨空

刮風寨冷水河

刮風寨の山

刮風寨の石碑

刮風寨の石碑2

刮風寨の村

刮風寨の水田

刮風寨老板娘

刮風寨帽子

刮風寨の道

茶坪

おそらく清代に栄えていた茶地ですが、山深いため100年以上も放置されていました。
2002年に瑶族の猟師に再発見され、2006年の大陸のプーアール茶ブームをきっかけに、
道をひらき、草木を刈り、小屋をつくり、2009年に農地として復活しました。
それでも道が悪く、しばらくは小屋に鉄鍋を持ち込んで製茶されていましたが、
2014年ようやくバイクが入れるようになり、鮮葉を村に持ち帰れるようになりました。
それでも村からバイクで1時間半かかります。
写真は、2015年の秋と2018年の春のものです。

茶坪 2015年秋

刮風寨茶坪の山

稲

刮風寨茶坪の水田

刮風寨茶坪の車

刮風寨茶坪の川

刮風寨茶坪入り口

クワズイモ

クワズイモ

茶坪山道

刮風寨大木

茶坪山道

茶坪山道

古代植物

ベゴニア

苔 花

茶坪の谷

刮風寨茶坪全景

茶坪全景と人

茶坪全景アップ

茶坪古茶樹の幹

茶坪古樹の葉 茶坪古樹の若葉

茶坪の斜面上

茶坪の斜面下

茶坪の斜面

茶坪単樹1号 推定樹高12m

茶坪単樹1号上
茶坪単樹1号下

茶坪単樹1号上
茶坪単樹1号中
茶坪単樹1号下

茶坪単樹1号茶葉 茶坪単樹1号幹

茶坪単樹肌 茶坪単樹幹

木登り

茶坪対面の山上

茶坪対面の山下

炙り茶

ヤカンに茶葉 薪の火で煮る

ご飯 おかず

茶碗にお茶

月

茶坪の谷と川

茶坪の帰り道

野の花

茶坪の森

茶王樹
刮風寨で古茶樹の群生がもっとも大規模で、もっとも有名な茶地です。
2001年から再開拓され茶摘みが再開されています。
ここも村から遠く、険しい悪路で、バイクと徒歩で2時間以上かかります。
行き来が不便なため茶地に小屋が建てられ、季節は泊まり込みで茶摘みが行われます。
刮風寨では比較的海抜の高い1500メートル付近に茶樹が群生しています。
この数年は茶葉の価格が高騰したため、ラオスの国境を超えて若い小樹の茶地も増えています。
鮮葉を村に持ち帰る途中で入れ替えられないよう、厳密な監視が必要になります。

茶王樹 2016年秋

茶王樹風景

茶王樹への道 茶王樹への道バイク

茶王樹への道巨木 茶王樹への道徒歩

茶王樹の森下

茶王樹の森と茶樹

茶葉 茶花

茶王樹の山と古茶樹

茶王樹古茶樹

茶王樹から弯弓を望む

茶王樹から弯弓を望む

小屋の厨房

茶果

晒干棚

古茶樹の幹 古茶樹樹高

古茶樹の幹 古茶樹樹高

茶王樹茶花

茶王樹台刈りの茶樹

茶王樹の風景

茶王樹の帰り道 樟大木

ジャングル 寄生植物

花

茶王樹の帰り道

茶王樹の帰り道バイク

空

茶王樹の帰り道 冷水川

プーアール茶・プーアル茶

請別轉用盗用本网站的文章和照片
当サイトの文章や写真を転用しないでください
Copyright puer-cha.com All rights reserved