プーアール茶 プーアル茶専門の通販

【オリジナルのお茶の記録】


漫撒陰涼紅餅2015年 その1.

man sa yin liang hong bing cha

漫撒陰涼紅餅2015年

■概要
製造 : 2015年4月20日(3月21日采茶)
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山丁家老寨古茶樹
茶廠 : 漫撒山工房
工程 : 紅茶
形状 : 餅茶180gサイズ 竹皮一筒5枚
保存 : 西双版納―上海 紙包+竹皮
数量 : 10枚 出品9枚

漫撒陰涼紅餅2015年

■オリジナルのお茶
2015年の春のお茶です。
当店のオリジナル品です。
+【当店オリジナルのお茶について】

■紅茶
天日干しで仕上げる製法の紅茶です。
プーアール茶のように圧延して餅茶にしました。
2015年の早春の初摘み。
1日摘み+翌日1日仕上げ。
出品数は9枚。(9枚✕180g=1620g)
竹皮一筒5枚。

漫撒陰涼紅餅2015年

■陰涼
陰涼とは森の木陰のことです。
茶樹はもともと陰涼に生きる植物です。
雲南省南部の西双版納のあたりからラオス・ミャンマーの山岳地帯が茶樹の故郷とされていますが、このあたりは熱帯雨林が山の周囲に広がり、山の上のほうの涼しいところは常緑広葉樹の深い森に覆われています。
広葉樹の森は写真で見ると緑豊かで安らぎを感じます。しかし見た目に反して森の生存競争は過酷です。とくに植物たち。例えば、ある種の植物は棘や毒を持ち、ある種の植物は蟻や蜂の兵隊を養い、周囲のあらゆる生き物が足元で土になるのを望んでいます。また、ある種の植物は巨大に育つことで他を圧倒し、ある種の植物は増殖のスピードと数で勝負し、ある種の植物は他の植物に寄生し、それぞれのサバイバルが密林の緑を構成しています。
その中で、茶樹の強みはというと健康と長寿です。

漫撒陰涼紅餅2015年
(漫撒山の森。写真の中央下に古茶樹が見える。)

周囲の植物が自分よりも早く大きく育って、長い年月を陰涼で細々と暮らすことになっても、それらが死んでふたたび太陽と土を独占できる機会を待ちます。
森には樹齢数百年と推定される茶樹が潜んでいます。数百年も陰涼に居ながら、細菌や寄生植物の侵食に抵抗できる免疫力。他の小動物が嫌うある種の毒(人間にとっては薬にもなる)、枝や幹や根の劣化を防ぐ不老長寿の体質。
はじめに茶を利用した人は、きっとこの性質に注目したでしょう。

漫撒陰涼紅餅2015年

漫撒陰涼紅餅2015年

雲南省南部から山続きのラオス・ミャンマー・タイ・ベトナム北部を移動しながら生活する山岳民族は、乾燥した季節に焼畑をして山に新しい農地を得ていました。火をつけて森を焼くたびに多くの植物は死にますが、根を深く張った茶樹は生き残り、次の季節には芽を出して花を咲かせて種を落とします。そしてまた人々がその地を去って深い森に戻ると、陰涼でじっと耐えてつぎの機会を待つのです。
山岳民族が何年かに一度、あるいは何十年かに一度、焼畑をするたびに茶樹は数を増やし、森の中に群生するようになり、その山はいつしか茶山と呼ばれるようになります。
孟臘県(モンラー県)には漫撒山(マンサー山)を含めた旧六大茶山があります。「モンラー」はこの地域のダイ族の発音で「茶の多いところ」を意味します。

漫撒陰涼紅餅2015年

漫撒陰涼紅餅2015年

漫撒陰涼紅餅2015年

野生から栽培へ、その過程において、陰涼に生きる茶樹はどちらかというと野性的な性質があるはずです。
雲南省南部には樹齢200年を超す古茶樹が山の上の森の中に群生しています。しばしばこれを野生茶と勘違いされますが、そのほとんどが清代1800年代末期の貢茶ブームの時代の茶園の跡です。誰かが栽培していたのが、何らかの理由でそこから人が離れて、野生に還っているのです。野放茶や荒野茶とも呼ばれます。
この数年の古茶樹のブームにより需要が拡大し、西双版納の山では森を農地に戻す動きが加速しています。といっても、背の高い雑木を切って日当たりを良くし、下草を刈って足場を確保するくらいのことです。
しかし、日当たりが良くなるだけで茶樹は性質を変えます。
新芽・若葉の数が増えて、成長が早くなります。
お茶に栽培の味、つまり人の手の味が混じるようになります。

■漫撒山 弯弓

漫撒陰涼紅餅2015年

近年の中国でプーアール茶の人気が出て、バブルとまで呼ばれた2007年に、およそ200年ぶりに弯弓の森の中のお茶が採取されました。その後少しずつ森の細い道が開かれ、バイクで入れるようになり、背の高い雑木が切られ、下草が刈られ、年に2回は新芽・若葉が摘まれて、茶樹は野生から栽培へと性質を変えつつあります。
参考ページ:
+【写真 弯弓 2013年 秋天】
+【弯弓について考える 茶想】

■忘れられた農地
漫撒山(旧易武山)の一帯には森の中のお茶が比較的多く残っています。
その理由は、清代までにあった旧道(茶馬古道の一部)が寂れたからです。地域の政策により、村はすでに幹線道路沿いに移動しており、山の上のほうにある古い村には人の住まない状態が続いていました。
このお茶をつくった丁家老寨もそんな人里離れたお茶どころのひとつです。

漫撒陰涼紅餅2015年

漫撒陰涼紅餅2015年

この数年の古茶樹の需要拡大により、春と秋の旬の季節だけは古い村に人が住込み、お茶づくりに専念するようになりました。中小メーカーが建てたプレハブの製茶小屋が増えて、茶摘みのための季節労働者が雲南省紅河州やラオスの北部から大勢やって来て、村は一時期人口が増え(といっても100人程度ですが)賑やかになります。

漫撒陰涼紅餅2015年

丁家老寨からラオスにかけての山には森林が大規模に広がり、木陰に多くの茶樹が隠れていましたが、森の樹々が切られ、陽当りがよくなって、茶樹は産量を増やしています。それだけにとどまらず、新しい茶樹の苗が植えられ茶園の拡大が続いています。

漫撒陰涼紅餅2015年

漫撒陰涼紅餅2015年

漫撒陰涼紅餅2015年

森林が減り農地が増えてゆくと、山が乾燥しはじめます。
この数年は旧六大茶山の地域全体の気候が変わってゆくのを肌で感じられるほどです。
このお茶『漫撒陰涼紅餅2015年』をつくった茶樹は、まさに農地開拓がはじまりかけた森林にあります。
村から離れて道が悪く、生活用水を確保するための水源地の森に近いため、樹々が伐採されずに残っています。

漫撒陰涼紅餅2015年

漫撒陰涼紅餅2015年

漫撒陰涼紅餅2015年

漫撒陰涼紅餅2015年

漫撒陰涼紅餅2015年

漫撒陰涼紅餅2015年

漫撒陰涼紅餅2015年

漫撒陰涼紅餅2015年

漫撒陰涼紅餅2015年

漫撒陰涼紅餅2015年

陰涼の茶葉100%でお茶をつくるとどんな味になるのか。
現物資料をつくっておく残り少ないチャンスだと考えました。

つづく
+【漫撒陰涼紅餅2015年 その2.】


漫撒陰涼紅餅2015年 1枚 180g

2015年07月05日 完売


【オリジナルのお茶の記録】

プーアール茶 プーアル茶専門の通販

請別轉用盗用本网站的文章和照片
当サイトの文章や写真を転用しないでください
Copyright puer-cha.com All rights reserved.