プーアール茶 プーアル茶専門のサイト

【オリジナルのお茶の記録】


弯弓古樹青餅2014年プーアル茶 その1

wan gong gu shu qing bing

弯弓古樹青餅2014年プーアル茶

■概要
製造 : 2014年4月12日(4月20日)
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山弯弓古茶樹
製茶 : 漫撒山の工房
茶廠 : 漫撒山の工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶 180gサイズ
保存 : 西双版納―上海

■生茶プーアール茶
2014年の春に弯弓の森から採取された茶葉でつくった生茶です。
180gの小さなサイズの餅茶に加工しました。
当店のオリジナル品です。
+【当店オリジナルのお茶について】

■単樹について
「単樹」とは、特別な風味をもつと思われる一本の茶樹を選んだお茶づくりのことです。
このお茶は2本の茶樹から採取した茶葉でつくられています。
西双版納の古い茶山の古茶樹は、実生(種から育つ)による自然繁殖のため、子孫は少しずつ進化して葉の色や形の異なるものが育ちます。茶山として歴史の古い弯弓には、さらに外地から運ばれてきた品種も育っており、バラエティーに富む混生状態となっています。

弯弓古樹青餅2014年プーアル茶

弯弓古樹青餅2014年プーアル茶

弯弓古樹青餅2014年プーアル茶

※写真は2013年秋に撮影した弯弓の茶樹です。このお茶の葉を採取した茶樹ではありませんが、よく似ています。

このお茶づくりに選んだ2本の茶樹は、それぞれに個性を持っています。
1本は、やや細長い形の葉で、比較的明るい緑色のもの。
もう一本は、大きく丸い形の葉で、鮮葉のときには紫色っぽく、製茶後はやや暗い緑色になるもの。
それぞれに香りや味の特徴がありますが、試飲したときの判別は難しいくらい似ていたので、混ぜ合わせることにしました。
2本の茶樹とも森の半日陰で育った独特の香りと渋味を持っています。

■弯弓について
漫撒山(旧易武山)の山奥に「弯弓」と呼ぶ地域があります。
山を二つほど超えた向こう側はラオスの北部です。
明代から清代にかけて栄えた茶山ですが、清代後期に廃れ、集落は消滅し、人里離れた深い山に戻っています。
現在は国有林として保護され、この土地とお茶の歴史に古い「瑶族」(ヤオ族)だけに茶の採集が許されています。
過去に紹介したページもあわせてご参照ください。
+【弯弓 瑶族の山 写真】
+【弯弓2013年 秋天 写真】
+【弯弓秋の散茶2013年】
瑶族と弯弓のことは、2013年の春のお茶『漫撒古樹青餅2013年』のページにも詳しく書いていますので、ご参照下さい。
+【漫撒古樹青餅2013年】

弯弓古樹青餅2014年プーアル茶

弯弓古樹青餅2014年プーアル茶

弯弓の谷には熱帯雨林が多く残っているので、いたるところに水が豊富です。
雨の降らない乾季においても霧が発生しやすく、しっとりした空気が山頂の木々の葉を濡らして、水滴が枝を伝って足元の土に浸透し、湧水や小川を山のいたるところにつくっています。
水を含んだ空気が山を覆い尽くすので、気温を安定させます。
弯弓の山の上のほうでは、昼は涼しく夜は冷えない。冬は暖かく夏は涼しい。という状態です。
いちばん寒くなる1月以外は、ほぼ年中茶の新芽が出てきます。この特殊な気候が、ここにしか生息できない品種の茶樹を育んでいると推測しています。

弯弓古樹青餅2014年プーアル茶

弯弓古樹青餅2014年プーアル茶

弯弓古樹青餅2014年プーアル茶

若葉が大きく育っても薄く柔らかいままで、製茶加工が容易な特殊な茶葉があります。

■複樹について
「複樹」とは何本もの茶樹からつくられたお茶という意味です。
「単樹」に対して仮にそう呼ぶことにします。
弯弓は2007年頃から辺境地のお茶として人気が上がり、産量を得るために密林の背の高い木々を伐採して採光を確保し、農地化されたところが一部にあります。ほんとうは国有林のため、樹木を伐採したり農地化したりできないはずですが、樹の幹に傷をつけてじわじわ枯れ死するのを待つ脱法的な手法があります。実際のところ、国の人がこの地域に入って監視することはまずありません。あまりに遠く、道が悪すぎるためです。

弯弓古樹青餅2014年プーアル茶

弯弓古樹青餅2014年プーアル茶

瑶族の村での話し合いで、個人に土地が割り当ててありますが、個人によって考え方が異なるので、一部で密林の伐採がすすんでいます。
弯弓は、特殊な気候と森の生態環境がお茶に特別な風味を宿すと考えられるので、森の中の「単樹」を選ぶお茶づくりは、密林を残す意味を人々に与えると思います。
しかしながら、「単樹」のお茶づくりは高くつきます。
ふだん人の踏み入らない密林に入るのは、大きな鎌で雑草や蔦や灌木を切り、道をつくりながら一歩一歩の前進です。
数メートルから十数メートルになる茶樹に登って茶摘みをするのは危険が伴い、効率が悪く、さらに鮮度を保ったまま持ち帰るために半日で切り上げることになり、生産量が稼げないため、おのずと高価なお茶となります。

弯弓古樹青餅2014年プーアル茶

■その2 品茶
+【弯弓古樹青餅2014年プーアル茶 その2.】

弯弓古樹青餅2014年プーアル茶


価格(送料込み)


【オリジナルのお茶の記録】

プーアール茶 プーアル茶専門のサイト

請別轉用盗用本网站的文章和照片
当サイトの文章や写真を転用しないでください
Copyright puer-cha.com All rights reserved.